月刊とれいん No.349 2004年1月号

月刊とれいん2004年1月号
2004年1月号 No.349
2003年12月20日(土)発売
特別定価:本体1,600円+税
在庫僅少

● 特集:国鉄と阪急 京阪間のたたかい
大阪と京都を結ぶ鉄道.古来より往来が頻繁であったこの区間はそれぞれがシェアの確保のために,さまざまなサービス合戦を繰り広げてきました.今回の特集では淀川右岸の2線,国鉄…JRと新京阪…阪急京都線に走った電車達にスポットを当て,模型と実物の両面から,その魅力を探ってみることにいたしました.

● トミックス製165系 シールドビーム車加工作品集
2003年9月28日.快速「こころ」の運転終了をもって165系が完全引退となりました.引退間際には数多くのリバイバル列車が運行されたことはまだ記憶に新しいと思います.これを機に,さまざまなバリエーションが発売されているトミックス製品を実車に即して加工・再現.激動の2003年を振り返ってみました.

● 木曽モジュール倶楽部 公開運転会レポート
去る11月2日,東京の中野サンプラザで行われた木曽モジュール倶楽部(KMC)初の公開運転会の模様をレポートいたします.発足から1年弱という短期間にもかかわらず,運転会には完成度の高い作品が勢揃い!倶楽部の活発さの原動力は何なのか?KMCのメンバーを交えた座談会ではその秘密について語っていただきました.